売れるネット広告社

10th ANNIVERSARY

ブログ

緊急事態宣言が解除後の、キレイゴト無しの「働き方」について

2020.05.26

  • トレンド

加藤 公一レオ

売れるネット広告社 代表取締役社長 CEO 加藤公一レオです。

お伝えしたいことがあり、久しぶりにブログを書きます!

 

【緊急事態宣言が解除されたので、テレワークを廃止します】

 

緊急事態宣言が発表されて約1ヶ月半、売れるネット広告社は「原則テレワーク」にしていましたが、解除されたので『全社員 出社』に戻すことにしました!!!

 

 

まっ、正直、約1ヶ月半は社内外へのパフォーマンスのために「原則テレワーク」にしていましたw

ただし、本音としては世の中の「アフターコロナの世界は全てが変わる」「もう二度とコロナ前の社会には戻れない」みたいな“SF的”な論調はくだらない・キレイゴトだと内心はずっと思っていました。

 

もちろん、テレワークのメリットはたくさんあると思います。

ただし、売れるネット広告社の『世界中にたくさんのドラマを創る』というビジョンを実現し、イノベーションを起こすためには、社員間の密なコミュニケーションや信頼関係が大切であり、そのためにはオフィス勤務で日々の何気ない会話や気遣いなど、顔を合わせること、オフィスで仕事をすることで創造性・アイディアが生まれると判断しました。

 

売れるネット広告社としては、

 「仲間意識」

 「信頼関係」

 「一体感」

 「チームワーク」

 「生産性」

 「効率性」

 「創造性」

を重要視するという観点から、「テレワーク」よりは『全社員出社』の方が“企業理念・行動指針・DNA・カルチャー的”に重要だと経営判断しました。

 

実はコロナ禍の緊急事態宣言中も「普通+αにビジネスをする」というのが、ずっと『売れるネット広告社』のスタンスでした。

原則テレワーク中も、実は社員の約8割が普通に自ら出社してました。

 

なので、私は経営者としてはあまり空気を読まずに、自粛要請中も緊急事態宣言中も“時代と逆行”させ、むしろ攻める、ガンガン稼いで、大成長して、社員の人生を超安定させることを最優先しました!

 

むしろ、今の状況だからこそ積極的に攻め時=チャンスだとポジティブに考え、「普通+αにビジネスをする」ことを徹底的に継続させ、「会社を100%成長させ、社員の雇用を100%守る、社員の生活=経済を第一に考える」ことを“最優先”としてきました!

 

何よりも大切なクライアントを全員大成功させることを最重要視してきました!

結果、3月も4月も売れるネット広告社は過去最高売上を更新しました!

 

テレワークについての私の予測

世の中はテレワーク・テレワークとみんな騒いでいるし、緊急事態宣言が解除された後もテレワークを継続する会社も多いかと思います。

今はコロナ禍なので一時的にはいいが、ずっとテレワークを続けていると中長期的には組織が崩壊し、業績は下がると私は予測します。

 

京都大学総長の山極壽一先生の有名な研究結果がありますが、人間には『五感』があります。

「視覚」

「聴覚」

「嗅覚」

「味覚」

「触覚」

 

言葉ができる前は、霊長類=人間は『五感』を通じて身体的につながっていました。

「視覚」「聴覚」だけはテレワークなどで手にいれることができるかもしれないが、おもしろいことに、この「触覚」「嗅覚」「味覚」が、信頼関係をつくる上でもっとも大事なものらしいです。

 

だから皆様も経験があると思いますが、例えば取引先や社員や友人などと食事に行くと、『五感』をフルに使っていると異常に仲良くなるのです。

 

世の中の家族も全てこの『五感』を通じて信頼関係を作っているのです。

組織力を強める、つまり共感を向ける相手をつくるには、「視覚」や「聴覚」だけではなく、「嗅覚」「味覚」「触覚」をつかって信頼をかたちづくる必要があります。

 

つまりは、人間の五感は「視覚・聴覚」のみをベースとしたテレワークだけで理論上相手を信頼しないようにできています。

 

面と向かってのコミュニケーションは『五感』をフルに使い、実は無意識のうちにたくさんの情報や感情をやりとりし合っている。それがテレワークのみに限定されると、やりとりできる情報は質量ともにぐっと限定されます。

テレワークだと、日常の業務に関するやりとりや、情報のインプットなどの「作業」なら可能だが、信頼をベースにした深い学びや価値創造などの「仕事」は必ずレベルダウンすると思います。

 

もちろん私自身も仕事でZoomからメールまであらゆる効率化のためのツールを使っています。ただし、それに依存し、テレワークをずっと続けていると中長期的には組織が崩壊し、業績は下がると私は予測します。

 

ZoomのWEB会議やセミナーに関して

テレワークは反対ですが、対外的なZoom会議は大賛成です!

リアル会議がベストではありますが、ZoomでのWEB会議でも「結構伝わるなー」と思いました!

 

リアル会議と比べデメリットはあるとは思いますが、あらゆる人と会議ができるという母数の「会議数が上がる」というメリットはあると思います!!!

※私はZoomでのWEB会議をこの約1ヶ月半で50件以上しましたが、この数をリアル会議でやろうとするとなかなか大変だと思いました。

 

さらに商圏が広がるし、効率的だし、便利ですよね♪

『ZoomのWEB会議やWEBセミナーでも受注率が落ちない、むしろ結果が出る!』ということがわかれば、コロナが落ち着いた後もWEBを使った“新しい営業方法・セミナー方法・サポート方法”などなどを作ることが可能だと思っています!!!

 

Zoom会議は今後も一部継続していきたいと思います。

 

今、日本中の"働けている"全ての会社員の方々へ

テレワークが解除された会社で働いている方で、テレワークに慣れてしまい、出社することをネガティブに考えている方もいるかもしれません。

 

ただし、まずは大前提として、

テレワークは「特権(privilege)」であり、「権利(right)」ではないことを再度認識してください。

会社にはそれぞれに経営判断や運営方針があることを認識してください。

 

私が皆様に心から伝えたいのは、

現在のコロナ禍で働けている方は、本当に恵まれているのです!!!

 

重要なので再度言います。

現在のコロナ禍で働けている方は、本当に恵まれているのです!!!

 

コロナとは関係なく、平常時でも会社というのはかなりの高確率で倒産するのです。

そもそも10年間続く会社はたったの「6%」です。94%の会社が10年間で倒産するのです。

 

特に今回のコロナショックのような、過去最大の「経済破壊」の中で、世の中の平和ボケをしている会社員はせいぜい「今年のボーナスやばい」くらいまでしか想像がついていませんが、実は皆様の上司にあたる世の中の経営者はおそらく「会社倒産」「全社員解雇」「個人破産」「路頭に迷う」まですんなり想像がついています。

 

コロナのせいで、現在は多くの会社が倒産し、多くの方々がリストラされ、職を失い、働きたくても働けずに、生活ができない…。

 

そんな中、働けているだけで、給料が出るだけで、生きていけるだけで、本当に恵まれているのです。

 

この“恵まれた状況”を作ったのは、皆様が働いている会社および皆様自身の今までの「行動」のおかげだと思いますし、何よりもその舞台を選んだ「選択」及び「運」のおかげだと思います。

なので、ぜひ今の会社への感謝を忘れずに、今の自分の恵まれた環境への感謝を忘れずに、明るい未来に向けて行動してください。

 

ウィズコロナ中も、アフターコロナになったとしても、経済が落ち込む中で、仕事を存続させ、成長に向かって進んでいくためには、「この会社が自分たちの会社」「自分が会社の未来を創っていく」「クライアントの成功に導くのは自分」という認識が不可欠です。

一人一人が傍観者だったり、評論家だったりして、何事にもどこか他人事のような空気があると成長は止まりますし、コロナにやられるでしょう。必要なのは「自分事」の意識。何事も他人事にしない自己責任に裏付けされた強い「当事者意識」です。

 

会社の状況や未来が他人事ではなく、自分のことだと思えば、「自分が動かなくては」という気持ちになるでしょう。その意識がすべての源だと思います。

夢や目標や成長の達成というのは、他人が実現してくれるものではない。

自分が、自分たちが、みずからの手で実現するものです。

コロナ禍だからこそ、感謝をして、意識を高め、行動していきましょう。

----------------------------------------------

以上

 

みんなそれぞれ「思惑」があると思うのでポジショントーク的にも意見が分かれると思うが、これらを「古い」と今風に捉えるのか、「本質」と捉えるのかはあなた次第!w

 

もう空気を読むのはやめよう。 まっ、まずは私から「空気」を変えていく‼️

 

いずれにしても、売れるネット広告社はコロナなんかぶっ飛ばし、過去最高の売上を必ず今年達成します! 世界中にたくさんのドラマを創っていきます!!!

----------------------------------------------

株式会社 売れるネット広告社
代表取締役社長
加藤公一レオ

----------------------------------------------

関連記事