売れるネット広告社

10th ANNIVERSARY

ブログ

【事実】『売れる』で働いたら“成長”できるのか

2020.04.06

  • ノウハウ
  • 就活

吉岡 大輝


皆さんこんにちは。

入社3年目に突入した、メディア部 メディアプランナーの吉岡です。

 

最近は就活生と話す機会が増え、時間が経つのが速いと痛感しております。

 

つい先日、OB訪問で就活生から

「“圧倒的成長”って、どういうことですか?」

と質問があり、改めて考えました。

 

そこで今回は売れるネット広告社で働きながら感じた【実体験】をもとに、

  ・私が思う“成長”について

  ・“成長”をするために必要なコト

この2点をお伝えできればと思います。

 

 

そもそも“成長”とは

そもそも“成長”とは

 「(人・動植物が)育って、大きくなること。」

 「一人前に成熟すること。大人になること。」

※Weblio辞書より引用

 

辞書にはこの通り、ざっくり記されてありますが・・・

 

 

私が思う“成長”とは

「自分の中のキャパシティを広げること」と考えています。

 

これに関しては、正直 “どんな事でも良い” と思います。

 

 

例えば・・・

 ・「1人じゃ出来なかった仕事」「1人で出来る仕事」になった

 ・「出てこなかった」話の種が「少し出てくる」ようになった

 ・「8:30まで寝ていた朝」「7:00に起きる朝」になった

 

などです。

 

要は「出来なかった」ことが「出来る」ようになれば

どんな事であれ【成長】である、と私はポジティブに考えています。

 

 

“成長”するために必要なコト

ここからは冒頭で述べた通り

 

「実際に“成長”できたのか」

「“成長”するために必要なこと」

 

この2点を【実体験】を基にお伝えします!

 

 

実際に“成長”できたのか

 

~入社1年目~

「成長できたか」というのは自分自身、分かりません・・・。

分からない理由は、一刻も早く「1人前」になるべく

目の前の業務をひたすら我武者羅に取り組んでいたためだと思います。

 

~入社2年目~

結論からいうと「非常に成長できた」と実感できる1年間でした。

具体的には、【メディアプランナーとしての知識】【数字への執着力】

身に付ける事が出来たと思います。

(これらは次回以降のブログでお話できればと思います!)

 

 

 

この2年間を振り返ってみて

「売れるネット広告社で必死に業務を行っていく中で、

自然と大きく成長している。」と強く感じます。

 

“成長”するために必要なこと

 

さて、入社2年目に成長を実感できたとお伝えしましたが

「成長するために何をしたのか」というと、たった1つです。

 

“調べても分からなかったら、チャレンジ(体験)してみる”

 

例えば、全く分からない業務があるとします。

ググってみるも業務進行の事例は無し・・

 

→そんな時の解決策は“まずは自分の思うようにチャレンジしてみる”という事だと思います。

 

どんなに調べても分からなかったことが

1回チャレンジしただけで、試行錯誤をすることで知識が溜まりますし、業務の理解も深まります!

 

また、なぜか分からないのですが、

「チャレンジして理解したもの」は、「調べて理解したもの」よりも強く印象に残ります。

※あくまで個人の感想です。

 

なので、どうしても前に進めないということがあったときには

是非とも“チャレンジ”してみて“成長”してみてください!

 

 

最後に・・・

この“チャレンジ(体験)してみる”という精神は私だけでなく

売れるネット広告社に強く根付いているものだと思います。

 

 

あくまで一例ですが、売れるネット広告社では

「消費者目線」で「“使用感”や“同梱物の中身”」を確認することを目的として、

クライアント様の商品を実際に購入して“体験”しています。

 

実際に購入し“体験”することで、使ってみないと分からない事や、

思っている以上に良かった部分などを

広告原稿の作成等に活用することができます。

 

このように、売れるネット広告社のメンバーは全員

【企業理念・行動指針】の元で一体となって行動し続けています!

 

 

 

と・・・ここまで「成長できた」と書いてしまっておりますが

あくまで0から見たときのの成長度合です。

 

まだまだ、半人前の未熟者ですので

4月1日に入ってきた新卒のパワーに負けじと、

引き続き精進してまいります!