• 東京:03-6459-0562
  • 福岡:092-834-5520

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

Time is money~社会人二年目の解釈~

2019.08.26

自己紹介プライベート

國徳 由佳

皆さん、お久しぶりです。

売れるネット広告社コンサルティング部コンサルタントの國徳由佳です。

GWに大好きなディズニーランドに行くために香港に行ってきました。

(ディズニー愛はこちらで語っています!)

成田空港のソファーがきもちよすぎてごろごろ…

気づいたら1時間半経っており慌てて飛行機に飛び乗りました。

成田空港国際線を使う方、

ぜひ動けなくなるソファー探してみてください。

ほんとに動けなくなります。w

 

さて、入社して早くも1年半が経とうとしています。

1年目はただ、目の前のタスクをこなすのに必死で

その業務がどのようにクライアントの売上につながるのか、

なんて考える余裕もありませんでした。

しかし2年目に入ってからは

会社の目標とそれを達成するために個人に課される目標、

そして、個人目標達成のために必要な自分のアクションについて、

少しずつですが感覚をつかんできました。

入社当初と比べると、わずかではありますが

視点が変わってきたことを実感しています。

担当クライアントも増え、目標達成に向け

どのタイミングで何をすべきなのかを

今は先輩方の背中を見て、勉強中です。

 

会社の成長と社内での自己成長については

変化を感じつつあるのですが

肝心な“自分”の人生の充実について

(お金が大事?趣味が大事?何に重きを置くべきなのか?etc...)

ずっともやもやとした感情を抱いていました。

お盆休みを使って、一度見つめなおしてみたので

この場を借りて改めて考えを整理してみます。

 

◎人生で平等なもの

私たちがみんな、平等に持っているものは「時間」です。

この、「時間」をどう使うか、もっというと、何に変えるかですべてが決まると思っています。

「時間」は大きく

 

➀自分のスキルや知識

②お金

③趣味や友達、家族などの人脈

 

の3つに変えられると思っています。

 

➀は、勉強や訓練を通して、時間自分の知識や経験に変え、蓄積します。

これは、社会人になってからだけではなく

生まれたときから大学卒業までに学んだ様々な知識はもちろん

その過程で得たスキルも含まれると思います。

例えば、私は理系出身なので、

仮説を立てて検証し、出た結果から考察を行い

さらに仮説を立てて検証する、を繰り返し行う=PDCAを回すスキルは

大学で身に付けたスキルだといえます。

 

②は、労働を通して時間お金に変えます。

学生時代のアルバイトもここに含まれますが

アルバイトの場合は、時間に対して対価を受け取るという構造であるため

できるだけ時給がよくて楽なアルバイト(=効率のいいアルバイト)を

求めている人が多かったように思います。

(私の解釈ですが、労働を直接お金に変えるのは

あまり効率がいいことではないのかもしれません。)

今は会社に属して、お給料をいただいていますが

これは時間に対してではなくて

自分の生み出した利益への対価なので

いくらでも効率改善の余地があるという点で

アルバイトとは異なるのかなと思います。

 

③は、周囲との交流を通して時間人脈やコネに変えます。

同級生、趣味でのつながり、友達からの紹介など

方法は無限にあると思います。

私はお酒を飲むのが好きなので、一人で飲み歩くことが多いのですが

行きつけのお店でたくさんの常連仲間ができましたし、

常連さんやお店の人からほかのお店や新しいコミュニティーを紹介してもらうことで

知り合いの輪は広がっていっています。

 

時間をどのようにして、何に変えるのかについて3つ挙げましたが、

最終的に行き着く先は②であると思っています。

 

◎Time is money

時間を通して得た知識やスキル(➀)により

自分自身の価値を上げることができ、

これを利用して時間を使う(労働する)ことで、結果として②のお金として返ってきます。

時間を通して得た人脈や社会的な関係(③)は

その関係性が強みになることも考えられますし、

輪が広がることで必然的にチャンスも増えると思います。

この、築き上げた人間関係を利用して時間を使う(労働する)ことで

自分の価値を上げ、やはり②のお金につながると思います。

 

こうやって得た②を使って、投資をしたり、

そこで得た時間を➀や③に変えることで

さらに自分の影響力を広げられるのではないかと思います。

 

これらを踏まえるとやはり、

時間の使い方、というよりは、時間を何に変えるかが重要だといえるのではないでしょうか?

 

◎今の私とこれからの私

ここまで考えたうえで、今の私の時間の使い方(変え方)を

振り返ってみると

➀:②:③=1:5:1(1週間の時間の使い方の内訳)

でした。

知識×人脈×時間で、②の効率が変わることを考えると

この割合を

➀:②:③=5:5:2(1週間の時間の使い方の内訳)

とするべきではないか、

※平日は勉強と仕事、休日は周りとの交流といったイメージです。

つまり、毎日の勉強と労働にもっと重きを置くべきだという結論に

たどり着きました。

 

最初に、会社の成長について少しずつ考えられるようになってきたと記述しましたが、

結局は、どうやって目標を達成させるかという目先のことしか見えていなくて

数か月後、数年後の人生を見据えて行動できていなかったのです。

だから、なんだかもやもやして、目標がないなかさまよっている感覚に

なっていたのだとわかりました。

 

◎宣言

入社当初、1週間に1冊本を読む!と宣言して

恥ずかしながら最初の1週間で挫折してしまったのですが

この小さな積み重ねこそが重要であることを認識できました。

 

ここまで過去の私の在り方を振り返ったので

未来について書きます。

本当は、この振り返りをもとに、

こんな行動変化をして、「○○賞を取ります!」と宣言したいところですが

社内ブログで受賞宣言をすることはNGなのでw

今回はこれを宣言して終わりにしようと思います。

 

私、國徳由佳は

1週間に1冊必ず本を読みます!

小さなことかもしれませんが、今回の振り返りから

時間を知識や経験に変えること(①)は

決して無駄な時間ではないと自信をもって言えるからです。

次回は今よりも少し影響力がある存在になって、

少し磨かれた文章力とともにブログに再登場しますので

お楽しみに♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

************************************

株式会社 売れるネット広告社

コンサルティング部 コンサルタント

國徳 由佳 Kunitoku Yuka

************************************

 

★ネット広告で“100%確実”に売上げがアップする“最強の売れるノウハウ”無料セミナー申込み

★中途採用も積極的に行っております。興味ある方はお気軽にご連絡ください★

 

関連記事

PAGE TOPへ