売れるネット広告社

10th ANNIVERSARY

ブログ

想いを伝えるという大切さ

2019.02.04

  • プライベート
  • その他

黒田 和希

皆様、こんにちは

 

売れるネット広告社 コンサルティング部 ジュニアコンサルタントの黒田です。

 

今回は学生時代から大切に思っていることをブログに書いていこうと思います。

 

それは

 

想いを伝えるということの大切さです

 

これから、私が学生時代にある方と出会ってとても感銘を受けたことを紹介します!

 

『伝えていいこと』と『伝えてはいけないこと』

 

その中でも伝えるべきことと伝えてはならないことの二つがあります。

 

『伝えていいこと』は、

 

ありがとうなどの感謝の気持ちや好きなどの愛情表現

それと相手のいいところです。

 

『伝えてはいけないこと』は、

相手の悪口や陰口です。

 

それは例え第三者であっても伝えるべきではありません。

 

伝えることの大切さ

これは私が思うことであり、考えです。

 

私が今一番大切にしていることは、想ったことをすぐに相手に伝えるということです。

例えば、

家族への感謝の気持ちや友達への感謝の気持ち、そして大切に想っている人への感謝の気持ちです。

 

これは皆さんも常に心の中にはあると思います。

 

ですが、これを言葉に出して伝えている人は少ないと思いますし、

あまり伝えることのできない人の方が多いと思います。

 

その中にも明日伝えようや来月伝えよう、タイミングが来たら伝えようと考えている人もいるかもしれませんが、

 

私は伝える言葉も鮮度が重要だと思います。

 

なぜなら、

 

今想っていることが数日たって伝えたところで100%の想いで伝わると思わないからです。

 

もしかしたら伝えることができない可能性があるかもしれません。

 

自分や相手が明日生きているという保証はどこにもありません。

 

もし相手に伝えることができないという状況になったら私は後悔します。

 

なので、私は感謝の気持ちなどの相手が嫌と思わないことは

必ず言葉で伝えるようにしています。

 

営業の際にも必要!?

『伝えていいこと』と『伝えてはいけないこと』は営業の際にも必要なことです。

 

自社の製品を本当に自分が使ってもらいたいときにその場で、

なぜ使ってほしいのかを相手にしっかり伝えることで、相手にしっかりと熱意は伝わると思います。

 

その熱意は相手に何らかの形で伝わる事だと私は思います。

 

でも熱意を伝えるときは思った瞬間に伝えるとちゃんと相手に伝わると思いますが、

時間がたってしまうと鮮度が落ち自分の熱量も下がってしまうと思うので伝えるときは必ず、思った瞬間に伝えることが大事だと思います。

 

そこにプライドなんかはいらないと私は思っています。

 

私はこれからも大切な人には、必ず想ったことを伝えていきたいと思います。

 

 

と今回は私の想いについて書いてみました。

 

皆さんも思ったときにその鮮度と熱量のあるうちに大切な人に想いを伝えてみてください。

 

仕事の上ではまだまだですが、

今後もこの気持ちだけは、しっかりと持ち続けて生きていきたいと思います

 

ご一読いただきありがとうございました!

 

 

--------------------------------------

売れるネット広告社

コンサルティング部 ジュニアコンサルタント

黒田 和希

--------------------------------------