• 東京:03-6459-0562
  • 福岡:092-834-5520

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

【大公開】A/Bテストのい・ろ・は!

2018.09.25

ノウハウ

北森 香菜

 

売れるネット広告社 コンサルティング部 係長 シニアコンサルタントの北森 香菜です。

 

急に寒くなりましたね。

あっという間に夏も終わってしまい、早くも秋の到来でしょうか・・・

 

夏の何ともいえないわくわく感・開放感がとても好きなので、夏の終わりを感じ、寂しい気持ちになっている今日この頃です。

でも、寒いときのこたつは大好きです。(こたつないですが)

 

寒くなると気持ちも滅入りがちですが、皆さん、頑張っていきましょう!!!!

 

 

 

さて、今回のブログでは【A/Bテスト】について書きたいと思います。

 

 

突然ですが、売れるネット広告社には“最強の売れるノウハウ®”が蓄積されています。

これは、過去18年間で累計“200億円以上”の広告費をクライアントからお預かりして、“1000回以上”の【A/Bテスト】を繰り返して得られたものです。

 

つまりは、ネット広告で大成功できる“最強の売れるノウハウ®”のすべてのベースが【A/Bテスト】なのです。

今の売れるネット広告社があるのは、幾度となく【A/Bテスト】をしてきたからこそ、と言っても過言ではありません。

 

今回は、この【A/Bテスト】について、「重要性」「定義」「IDEA」 の3本立てで書いていこうと思います。

 

 

【A/Bテスト】の重要性

【A/Bテスト】とは、かなりシンプルにいうと、「A」「B」どちらのほうが良いか?のテストです。

 

例えば、異なるクリエイティブのランディングページ「A」「B」の2つがあったとして、どちらが効果の良いランディングページかをテストしたい場合。

 

この2つのランディングページを、広告配信時に50%ずつの割合で表示されるようにします。

配信終了後、それぞれのランディングページからの申込数の結果を比べ、どちらのクリエイティブがより良い成績だったか検証する。

 

この一連の流れが【A/Bテスト】です。

 

もちろん、「A」「B」の2つだけではなく、3つや4つなど、異なる2つ以上のクリエイティブでテストすることもあります。

 

 

しかし、【A/Bテスト】をいざしようとしても、「複数のクリエイティブを準備するための制作費用がかかる…」と、実施にともなう費用を惜しむ方も多いのではないでしょうか。

 

 

でも、よく考えてみてください!

 

今使っているランディングページ「A」と、新しく作ったランディングページ「B」で【A/Bテスト】をした結果、「A」に比べ「B」は2倍の申込数があったとします。

 

そこで、全てのランディングページを「A」から「B」に差し替えると、今までは「A」で月平均1,000件の申込みだったのが、他要素は無視して単純計算すると、月平均2,000件の申込みになるのです!

 

更に、ランディングページ全体をまるっと変更せずとも、キャッチコピーを変えるだけで、大きく成績が改善することもあります。

 

売れるネット広告社のクライアント事例でも、キャッチコピーの変更だけで最大2〜3倍改善した事例があります。

 

キャッチコピーの変更くらいであれば、多額な制作費用も発生しませんし、これで勝ちキャッチコピーを見付けることができたら万々歳ですよね!

 

・ビジネスモデル

・CTAボタンのコピー

・ファーストビュー

・お客様の声

 

など、【A/Bテスト】は大きな部分から小さな部分まで実施可能です。

 

 

今使っているランディングページが1番良いと思って【A/Bテスト】をしないなんて機会損失です!

どんどん【A/Bテスト】を繰り返して最適化していくことで、未来の売上拡大に繋がります。

 

 

【A/Bテスト】の定義

【A/Bテスト】の重要さは、ここまでの話でご理解いただけたかと思いますし、ここまでの話を読まずとも既にご理解されていた方がほとんどかと思います。

 

「【A/Bテスト】ばりばりしてますよ!最適化しまくりです!」という方も多いのでは。

 

しかし!!

 

皆さんが実施されている【A/Bテスト】の方法は、正しい方法でしょうか?

 

実は意外と、間違った方法で実施されている方が多いのです・・・

 

少しでも方法が間違っていれば、せっかくの【A/Bテスト】が無駄になってしまいます。

正確に判断するため、正しい方法で実施することをおすすめします。

 

売れるネット広告社での【A/Bテスト】の定義は、下記3つです。

 

 

(1)【A/Bテスト】をしたい1つの要素のみを変えて、他の要素は「同条件」で実施

 

もし、ランディングページ「A」「B」で【A/Bテスト】をする場合は、ランディングページ以外の要素を「同条件」にすることが必須です。

 

例えば、「配信期間」が異なるのはNGです。

新しいランディングページ「B」を作ったから、既存の「A」とどちらが効果良いか比べたい!

2月にYahoo!ログインキャンバスで配信した「A」の結果があるから、7月に同じ媒体で「B」で配信してみて、それぞれの結果を比べよう!

 

・・・のようなパターンです。

こちら、意外と多くの方がやりがちです。

 

このように、異なった配信期間で実施したものを比べて、「B」の申込数が多いから「B」の勝ち!と判断するのは間違いです。

季節要因でたまたま「B」で実施したときのほうが申込数が多かっただけという可能性もありますし、「A」よりも「B」が良かったという判断はできません。

 

 

他にも、「媒体」が異なるのもNGです。

このように、媒体が異なるにも関わらず、ランディングページ「B」の申込数が多いから、「B」の勝ち!と判断するのは間違いです。

こちらも意外と多くの方がやりがちです。

 

「メルマガB」のほうが良かっただけ、という可能性もありますので、ランディングページ「B」が良かったという判断はできません。

 

複数の要素が異なっている状態だと、どの要素で改善したのかがわからなくなります。

 

したがって、【A/Bテスト】をするときは、【A/Bテスト】をしたい1つの要素のみを変えて、他の要素は「同条件」で実施することが重要です。

 

 

(2)「CPO」を基準に勝ち負けを決める

 

他社の広告代理店などでは一般的に「CPA」や「CVR」を基準に勝ち負けを決めることが多いですが、売れるネット広告社のクライアントは単品リピート商材を扱っているが多く、いかに定期ユーザーを獲得するかということを重要指標としています。

したがって、「CPO」を基準に勝ち負けを決めています。

 

例えば、既存のランディングページ「A」と、CVRが改善するようなクリエイティブのランディングページ「B」の2つで【A/Bテスト】をして、たとえ「B」のほうがCVRが良かったとしても、定期商品へのアップセル率は「A」のほうが良く、最終の「CPO」も「A」のほうが良かった場合は、「A」を勝利とします。

 

重要指標は会社によって違うと思いますが、原則、重要指標で勝ち負けを判断するようにしてください。

 

 

(3) 1クリエイティブの獲得数100件以上で判断する

※どうしても件数が集まらない場合は最低50件以上

 

例えば、各クリエイティブでの獲得数が10件ほどだった場合は、どのクリエイティブが勝利したとしても、勝ち負けの判断はしません。

 

調査データなどと同様です。

20人に調査したデータの結果など、信頼できませんよね。

 

獲得数が少ない中での各クリエイティブの差は、誤差の範囲だと判断します。

一定の母数が集まった状態で、判断をすることをおすすめします。

 

以上が、売れるネット広告社の【A/Bテスト】の定義です。

 

なんとなくの傾向だけで判断せずに、精緻な結果をもとに判断しましょう!

 

 

【A/Bテスト】のIDEA

【A/Bテスト】を実施する!となっても、テスト内容のIDEAに悩まれている方は多いのではないでしょうか。

【A/Bテスト】を頻繁に実施されている方は、特にそうだと思います。

 

売れるネット広告社では、クライアントの売上向上・費用対効果改善のため、全社員が常にアンテナを張り、情報収集をして、成績改善しそうなIDEAを集めています。

 

売れるネット広告社の行動指針には、こんなものもあるのです↓↓

 

“最強の売れるノウハウ®”を生み出すために、24時間365日「IDEA」を考え続け、「チャレンジ」し続ける

 

この行動指針を意識して、アンテナをはっています。

 

また、弊社では毎月、代表の加藤公一レオ含め全社を挙げて【A/Bテスト】のIDEAをプレゼンする場を設けています。

全社員がIDEAを持ち寄り、プレゼンし、成績改善しそうなIDEAに投票してランキングをつけています。

 

今では、毎回100個以上のIDEAが出るほどになりましたので、【A/Bテスト】のIDEA自体もかなりストックされています!

 

もし、【A/Bテスト】のIDEAにお困りの方は、是非、売れるネット広告社まで(^o^)

IDEA出しからテスト実施、結果報告まですべて対応させていただきます!

 

 

以上、今回は【A/Bテスト】について書かせていただきました。

まだまだ書きたいことはたくさんあったのですが、思いのほか長くなってしまったので、今回はこのあたりで終わりとします。

 

皆さん、どんどん【A/Bテスト】していきましょう!!!

 

それでは、また!

 

--------------------------------------------------
コンサルティング部 
係長 シニアコンサルタント
北森 香菜(きたもり かな)


★【A/Bテスト】の結果を大公開している無料セミナーです!ぜひお越しください★
★中途採用を積極的に行っております!興味ある方はお気軽に連絡ください★


 

 

 

※「最強の売れるノウハウ」は売れるネット広告社の登録商標です。※登録商標第5927186号

プロフィール

福岡県北九州市出身。福岡大学商学部卒業。

売れるネット広告社入社後、広報・人事・総務 兼 コンサルティング部アシスタントとして、幅広い業務を担当。

数ヶ月後、新たに秘書室を立ち上げ、
広報・人事・総務・秘書マネージャーとして広報活動や新卒採用をメインに実施。

約2年間の秘書室業務を経て、現在はコンサルティング部のシニアコンサルタントとしてクライアントの売上拡大に努めている。

売れるネット広告社のプレミアムコンサルクライアントの6割を担当していたことも。
 

新人1年目で売れるネット広告社2015年度上期「成長賞」受賞。

2018年度上期「MVP賞」受賞。

通販エキスパート検定1級(通販マネジメント編)取得。

趣味は食べること、カラオケ、ゲーム。カラオケは週一以上行くほど好き。

連載・取材記事

ブログ記事

関連記事

PAGE TOPへ