• 福岡:092-834-5520
  • 東京:03-6459-0562

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

“売れる”ヤンキー流!自己ブランディングの極意

2018.07.17

ノウハウ

井上 佳美

  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のブログのおかげで会社やお取引先様、友人にヤンキーっぽいという印象を植え付けることに成功したメディア部 メディアプランナーの井上です。

 

▼前回のブログはこちら

“売れるヤンキー”井上直伝!人付き合いを上手くする3つの心得

 

 

 

この1年間で、多くの方に「筑豊 ヤンキー」を検索していただきましたので、未だに上位検索されています。

 

心から感謝申し上げます。

 

今回は、「売れるネット広告社のヤンキー」というブランディングに成功した私が実際に行った自己ブランディングの極意についてご紹介します。

 

 

極意その壱.ブランディングの明確化

私は出身地の土地柄「ヤンキーキャラ」を売りにしました。
※実際には「筑豊=ヤンキー」ではないです!

 

ただ、ここでキャラの売りを適当にしてしまうと後々大変です。

 

後々検索順位の上位表示されたとき、自分にとって恥ずかしくないキャラ設定を考えましょう。
※「筑豊 ヤンキー」で検索上位表示をされて嫌だなぁと思う方は私をまねるのはやめておいた方がいいですね。

 

 

その弐.媒体を選定せよ

割とふざけているように見えていたかもしれませんが、どの媒体を使うかは明確にしていました。

 

私の場合は、会社のブログのみ!と決めて「ヤンキーキャラ」で記事投稿を行いました。

 

今であれば各種SNSで、ブランディングしたい用途に分けて使い分けをすることも可能です。

 

例えば、Facebookは社会人が使っている割合が多いので横のつながりを考えて、「受賞歴」や「自分が行っている活動」など、パッと見て凄い経歴を持っている人だと思わせる内容に仕上げるのもいいですね。

 

一方でインスタグラムは趣味系統で集まる人が多いので、女子にモテたいといった欲求があれば、料理に関するハッシュタグや音楽フェスに参戦した画像を投稿してブランディングするのもありです。

 

 

その参.徹底する ​

媒体選定にもつながっているのですが、基本的に「この媒体で●●のブランディングをする」と決めたのであれば、それを完全に突き通すことが必要です。


なぜ徹底すべきかというと、単純にブレるからです。

 

キャラ設定にブレが生じると、見ている人に記憶されにくいからです。

 

何度も繰り返し、徹底して最初のキャラ設定を伝え続けていくことで、ブランディングは徐々に積み上がります。

 

たとえ、「ヤンキーキャラ」に限界を感じても屈してはいけません。

 

この3つさえ守ることができれば、割と簡単に自己ブランディングを確立することができます。

 

 

おわりに

元々、私は自分を表現するといったことが苦手なのですが、ネット上であればリアルに比べて周りの目もそこまで気になりませんし、自分のキャラ設定によるブランディングがしやすいです。

 

ブログのおかげで多くの人に「ヤンキーだったんだね」とか「筑豊ってどんなところ?」とか聞いていただけることも非常に有り難いです。

 

社会人になって自己ブランディングをしていきたいと思っている方に活用していただければと思います♪

 

---------------------------------------------------------

メディア部

メディアプランナー

井上 佳美

★ネット広告で“100%確実”に売上げがアップする“最強の売れるノウハウ”無料セミナー申込み★

 

  • シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PAGE TOPへ