• 東京:03-6459-0562
  • 福岡:092-834-5520

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

“人間”やめます。

2018.04.23

自己紹介

國徳 由佳

皆さま、こんにちは!

4月2日に入社式を終え、晴れて社員となりました。

売れるネット広告社 新卒5期生の國徳由佳です。

“学生”からついに“社会人”になってしまった…!

・・・と思っていました。

 

しかし、

学校で学業を修めている者が“学生”であるならば、

会社で働く者は“カイシャジン”でいいような気がしませんか?

 

 

世の中の新入社員は「社会人として、報連相をきちんとしましょう。」や、

「社会人としての自覚を持ちましょう。」など、毎日のように言われていると思います。

私も、マナー研修や社内での研修でよく耳にするようになりました。

では、一体社会人とは何なのか。

考えた時にうまく言葉にできない自分がいたので、今回は“社会人”をテーマにしたいと思います。

 

 

“会社に勤める=社会人になる”なのか?

私はググるのが得意なので、すぐにグーグル先生に尋ねました。

すると、社会人とは

 

①実社会で活動する人

②社会の一員としての人

 

と出てきました。

 

「わかるようなわからないような…」

 

という感じです。(笑)

 

さらに、英語でも調べてみました。

社会人という言葉を英訳すると「a member of society」

ただし、英語圏の国でのこの言葉の受け取り方は、

労働者という意味ではなく、直訳のまま「社会の一員」という意味合いです。

働いていようがいまいが、

お年寄りから赤ちゃんまでみんなが「社会の一員」という認識なのです。 

社会人=労働者といった日本的概念は薄いようですね。

 

ただし、日本においては社会人=労働者という捉え方が主流です。

なので、私の考える社会人の一つ目の要素は“働いている”ということで定義します。

 

しかし働いているだけではただの労働者、それこそ“カイシャジン”です。

では、他の要素は何でしょうか?

 

今私が持っていないもので、先輩社員さんたちが持っているものは?

これを考える際に、企業理念をもう一度見直してみることにしました。

売れるネット広告社の企業理念は、

です。

『売れるネット広告社』における“社会人”とは、企業理念をやり遂げている人だと思います。

 

私なりに解釈すると、次のような要素が浮かんできました。

それは、

100%成功に導くという責任と、そのために何をするべきなのかを明確に把握していること

です。

 

つまり、

自分の行動への責任と、自分の果たすべき役割の理解

と落とし込むことができました。

これが私の考える二つ目の要素です。

 

まとめると、“社会人”とは、

自分の行動への責任と、自分の果たすべき役割を理解して働いている人

という結論になりました。

 

 

“人間”からの脱出

ここでやっと、タイトルの話ができます。(笑)

 

私は“学生”から“社会人”になったと思っていましたが、

学生という身分がなくなり、ただの“人間”になっていることに気付きました。

では、“人間”から“社会人”になるために何ができるのか、何をすべきなのか、

それこそが新入社員に求められていることなのではないかと思います。

私は、“人間”から“社会人”になるために、

ただの“人間”からの脱出の道のりとしてまず以下の3つを徹底します。

 

①元気にハキハキと挨拶をする

②納期を守る

③積極的に行動する

 

これらを当たり前にできるようになり、

自分の行動に責任を持つ“社会人”になります。

 

少しずつ任せてもらえる仕事を増やしながらも、

自分の役割を全うする“社会人”になります。

 

1年後、誰よりも成長するために、

とことん働き、売れるイチの“社会人”になります。

 

今後ともよろしくお願いします☺

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

売れるネット広告社

新卒5期生

國徳 由佳

関連記事

PAGE TOPへ