• 東京:03-6459-0562
  • 福岡:092-834-5520

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

『“営業”とは“HIPHOP”である』(前川 剛)

2017.05.16

ノウハウ

前川 剛

 

 

161227_1916

 

こんにちは。

売れるネット広告社 前川 剛です。

 

 

久々にブログの順番が回ってきました。

今回、どうしても書きたい内容があったので、あっためておきました。

 

 

実は最近、空前の“HIPHOP”ブームです。

http://blog.kaerucloud.com/entry/freestylebattle

かくいう私も、最近はどっぷりと“HIPHOP”漬けな日々を送っているのですが、

そこでふと思ったのです。

 

 

“営業”って、“HIPHOP”だなーと。

もっと言うと、“商談”って“フリースタイルバトル”だなーと。

 

 

今のところ、全く意味わからないと思いますが、もう少しお付き合いください。

お願いです。離脱しないでください。

 

 

とうことで、今回は、“営業”を“HIPHOP”に例えてご説明し、

“営業”のできるラッパーと、“HIPHOP”が好きな営業マンの人口を

一人でも増やせればと思い、綴らせていただきます。

 

 

“HIPHOP”の専門用語を切り口にして、ご説明させていただきます。

 

 

■「ライム(押韻)」

 

gazou2

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

MCがラップをするときのルールのひとつ。ひとことで言えば、押韻(おういん)すること。

英語圏の人は、日常的に韻を踏む習慣があるようだが、日本ではあまり馴染みがないらしい。

かんたんに言うと、言葉尻の母音を合わせて、たとえば、

「りんご」「金庫」「ヒント」「インド」など、母音を「い-ん-お」に合わせることである。

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

 

ラッパーは韻を踏むことを一つのテクニックとしています。

そのためには、日常生活の中でいろいろな言葉をインプットし、

何かしら韻を踏むことができないかを当たり前のように考えているのです。

これはまさに営業マンも同じです。

日常の何気ないところからヒントを得て、アイデアを考え出し、

お客様に提案するための「引き出し」を増やしていくのです。

個人個人が持っている、その「引き出し」の量で、勝敗は大きく左右されます。

 

 

(このライミングがすごい! おススメバトルその① : 「チプルソ」 VS 「SAIMON JAP」 )

https://www.youtube.com/watch?v=4P-kEPrd1b0

 

 

■「フロウ」

 

gazou3

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

MCがラップするときの言い回しのこと。

独特のタイミングやイントネーションで「変則的なフロウ」をするMCや、

お経を読み上げるような「棒読みフロウ」のMCなどが存在する。

優れたフロウをもっているMCはオリジナリティが高い反面ライミングを重視しない傾向がある

 

-------------------------------------------------------------------------------------

 

 

フロウは、時代によって大きく変わるものです。

1980年代初頭に、いとうせいこうさんが日本に“HIPHOP”を持ち込んでから、

約40年間が日本語ラップの歴史です。そこから段々とRIPSLYMEやKREVAなどのメジャー

アーティストが出現し、日本語ラップはじわじわとメジャーシーンに進出してきました。

(私も初めて買ったCDがKREVAの「音色」でした。)

 

 

ただ、その歴史の中での各時代によって、流行りのフロウなどが目まぐるしく変わり、

そこにいかに早く順応していくか、もしくはいかに新たなフロウを創り出すかということが

非常に重要になっています。

営業においては、これが「マーケティング」の部分になるかなと思っています。

目まぐるしく変化する情報社会の中で、何が流行しているのか、

何を流行らせるかということを考え、新たなサービスを考えていくことが営業マンにとっても、非常に重要です。

 

 

(このフロウがすごい! おススメバトルその② :「鎮座ドープネス」 VS 「黄猿」 )

https://www.youtube.com/watch?v=c-qAeeMqF2U&list=RDzmvMg69VzHk

 

 

■「アンサー」

 

gazou4

フリースタイルバトルにおいて最も重要なこと、

それは「ライミング」でも「フロウ」でもなく、

相手に的確な「アンサー」を返すことだと思っています。

“HIPHOP”において、「アンサー」とは、相手が言ったことに対して的確な言葉を返すことを言います。

これは営業においても全く同様のことがいえるかと思います。

お客様がのニーズを正確に汲み取り、そこに対して自分が持っている中から

最適な「引き出し」を選出して提示する。個人的には、“商談”においても

“フリースタイルバトル”においてもこの即興性が、勝つためのカギになってくる部分かと思います。

 

 

(このアンサーがすごい! おススメバトルその③ :「呂布カルマ」 VS 「ENEMY」 )

https://www.youtube.com/watch?v=zmvMg69VzHk

 

 

ちょっとでもHIPHOPに興味でたよーという方いらっしゃいましたら、

個別でご連絡いただけますと幸いです。語りましょう。

 

 

今回も駄文失礼しました。
最後まで読んでいただいた方、本当にありがとうございます。

 

 

------------------------------------------------------------------------------------

 

売れるネット広告社
コンサルティング部 第二課責任者
前川 剛

 

★限定10社 無料コンサルティングのお申込みはこちらまで★

 

 

 

関連記事

PAGE TOPへ