• 東京:03-6459-0562
  • 福岡:092-834-5520

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

GWに行きたいおすすめスポット!!(加治千昌)

2017.04.18

ノウハウ

加治 千昌

 

 

初めまして!!

 

4月から売れるネット広告社に新卒4期生として入社いたしました、
加治千昌と申します。

 

(一番手前が私です)

 

卒業式

 

■自己紹介

 


初めてのブログなので自己紹介をさせていただきます!
鹿児島県で生まれ、高校を卒業するまで鹿児島におりました。
(同期の岸本くんとまさかの鹿児島出身かぶりです。)

 

大学は鹿児島を出て福岡の西南学院大学にいき、
国際経済学を専攻しておりました。
高校まではずっとバレー部で毎日バレーをしていましたが、
最近は全くできていないので、
これからは月に何回かでもぼちぼちできたらいいなと思っております。

 

大学時代は、居酒屋、コールセンター、焼き肉屋、家庭教師、本屋さんなど、
多い日は朝から深夜まで3つのバイトを掛け持ち、
がむしゃらにバイトをしまくり、
お金がたまると旅行とダイビングに行き、
なくなるとまたバイトに明け暮れる日々の繰り返しでした。

 

■入社した理由

 


売れるネット広告社に入社したのは、
最強のプレゼン力を手に入れようと思ったからです。

 

 この会社は新卒のわたしにも、
どんどん発言のチャンスをくれるので、
どんどん人前でプレゼンをして、
話で人を魅了する人になりたいです。

 

新卒

 

さて、ここで急に話がガラッと変わりますが、
先ほど自己紹介で書いたとおりわたしの趣味は旅行とダイビングです。

 

なので今回は、あと2週間もすればGWということで、
まだダイビングをやったことがない人でも
絶対ダイビングを始めたくなるおすすめのスポットを紹介していきます。

 

しかし、おすすめがありすぎて絞り切れないので、
今回は王道バージョン、
タイプ別で紹介していきたいと思います。

 

①サイパン

 

まず、最初に紹介させていただきたいのが、サイパンです!!
皆さんは大体近場のリゾートと言ったら、
ハワイ、グアム、サイパンの順番に出てくると思いますが、

 

この中であくまでダイビング点で絞った場合、
一番おすすめなのはサイパンです!!

 

サイパンはミクロネシア、
かなりアバウトに説明するなら日本とオーストラリアの間、
フィリピンの左側です。

 

日本からだと直行便で約3時間半!
時間があまりない人におすすめです。
(残念ながら福岡からの直行便はありません。)

 

サイパンの魅力はなんといっても、
沈船ポイントとグロットと呼ばれる洞窟のポイントです!!
沈船は第二次世界大戦中で使われた船が眠っており、
飛行機の残骸は戦争の歴史を物語っています。

 

グアム沈船

 

グロットはサイパンに訪れたサイバーは必ず潜る超有名な洞窟スポット!
ウミガメとの遭遇率も高く、
ほかのビーチでは見ることのできない景色を見ることができます。

 

ただダイビングが終わった後は、
重いタンクや機材を担ぎながら、
階段を116段登らなければいけません。

 

しかし!それも含めてグロッドなのです。
(もちろんお金を払えば、
荷物を運んでくれるサービスも受けることができるので、
体力に自信のない方はぜひご活用ください。。)

 

②メキシコ

 

次は休みがゆっくりとれる方、長期旅行におすすめの海です。
それは、メキシコのカンクンのセノーテ!!!

 

メキシコのカンクンは日本から直行便で15時間。
福岡に住んでいる人はかなり時間がないといけない楽園ですね。。

 

ただ行く価値は絶対にあります。
ご覧くださいこの海!!

 

セノーテ2

 

透明度が100メートルは軽くあるそうです。
(どんなにきれいな海でも平均25メートルくらい。
透明度100メートルは、間違いなくここでしか体験できません。)

 

ちなみにセノーテとはすごく簡単に説明すると、
鍾乳洞が水没している天然の井戸のようなもの。
その神秘的な場所に加え、この透明度!文句なしですね。
さらにカンクンのあるカリブ海には、
ほかにもたくさんのリゾート地があります。

 

その中の1つに、
いま世界で最も人気のあるビーチ、クレナダがあります。

 

クレナダは限りなく透明で青い海、
絵画のように美しい街並みがあります。
さらに海底美術館と呼ばれるものがあり、
名前の通り海底に60体も以上の彫刻が沈んでいます。

 

クレナダ

 

ぜひ、実際に潜って見てみたいですね~

 

③沖縄

 

最後はやっぱり日本が好きな方へ。
沖縄の慶良間諸島の座間味島をおすすめします。
座間味は沖縄本島から高速船で1時間、
フェリー2時間ほどで行ける離島です。

 

座間味は「世界が恋する楽園の島、ざまみ」と呼ばれ、
海底のサンゴ礁が長年かけて海底に堆積し、
白い海底の砂となり、太陽の光を反射して、
独特の「ケラマブルー」の海の色を生み出します。

 

ダイビングすると色とりどりの熱帯魚、
ウミガメやマンタなどにも出会える驚異的な美しさで、
貴重なサンゴ礁域であることから、
ラムサール条約で保護されているほどです。

 

ケラマブルー

 

もちろん座間味の魅力は夏だけではありません。
冬になるとホエールウォッチングで間近で野生のクジラを見ることができます。

 

みてください、この迫力!!

 

ホエール

 

沖縄なら短い休みでも行くことが可能ですので、
日ごろ仕事に追われている皆さん、
ゆっくりした時間が流れる座間味で、
素敵な時間をお過ごしください。

 

以上、完全なるわたしの主観(笑)で決めたおすすめBEST3ですが、
いかがでしょうか??

 

世界にはまだまだ素敵な海がありますので、
ぜひ行ってみてください。

 

なんだか全く会社とは関係なく、
趣味丸出しとなってしまいましたが(笑)
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

 

--------------------------------------------------------------
株式会社売れるネット広告社
4期生
加治 千昌

 

★限定10社 無料コンサルティングのお申込みはこちらまで★

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOPへ