• 東京:03-6459-0562
  • 福岡:092-834-5520

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

新卒1期生 宮崎娘の初ブログ(中尾侑里香)

2014.05.19

自己紹介

中尾 侑里香



皆さん、初めまして!

『売れるネット広告社』の新卒1期生の中尾侑里香です。

 

今回、初めてブログを投稿いたします。

まずは、私のことを知っていただきたいので、

【自己紹介】と【『売れるネット広告社』に入社した理由】、

【将来の夢】を話させていただきます。

 

【自己紹介】

 

私は、南国の宮崎で生まれ、宮崎で育ちました。

宮崎弁が標準語だと思っていた高校時代は、

陸上部の鬼マネージャーとして選手をサポートしていました。

高校3年の春、地元に就職する予定でしたが、

進路指導の先生に、

「将来の夢は、お金持ちになること!」

と話したら、

「高卒より大卒の方が給料いいぞ!

大学へ行けば、将来金持ちになる男にいっぱい出会える!

玉の輿になれるぞ!!!

と勧められたため、大学に行くことに決めました(笑)

夏休みは全て大学試験勉強に費やし、

無事に長崎大学経済学部に合格しました。

大学時代は、アルバイト5割、遊び4.5割、勉強0.5割

というような生活を送っていました。

旅行しながら四季や文化を感じることが好きだったため、

4月は、桜を見るために京都へ行ったり、

7月は、スキューバーダイビングをするために沖縄へ行ったりしました。

いつか、世界中すべての世界遺産や文化を巡る旅をしたいです!

 

 

【『売れるネット広告社』に入社した理由】

 

私は、もともと広告業界志望ではありませんでした。

正直、『売れるネット広告社』に入社できていることが驚きです。

 

広告業界に興味も知識もなかった私が、

入社を決意した理由は、ずばり!

 

『レオさんの社員に対する愛情が伝わってきたから』です。

 

“堅苦しい企業よりも家族みたいな存在の会社に入社したい”

という私が就職活動の時に軸にしていた想いと、

レオさんの社員に対する想いが一致したため入社を決めました。

 

今思い返せば、採用試験の最終面接まで入社理由も固まっておらず、

勢いだけで試験を受けていた1年前の自分を褒めてあげたいくらいです。

内定をくださったレオさん、上司にも感謝です。

 

入社をしてもうすぐ2カ月が経ちます。

覚えることが沢山あり、頭がパンク寸前ですが、

先輩方のサポートと、同期5人のおかげで、

くじけずに一つずつ前に進むことができています。

 

私が、『売れるネット広告社』で目指す仕事像は、

 

“クライアントから「ありがとう」と感謝される仕事をすること”

 

です。何事も前向きに突き進んでいきます!!

 

 

【将来の夢】

 

幼いころから「お金持ちになりたい」という夢がありました。

今も、この夢は変わっていません。

そして、もう一つ

「両親を幸せにすること」

 

幼いころから、両親は共働きで、

家族旅行に行ったことは一度もありません。

遊園地や動物園など家族全員で遠出をしたことがありません。

友達から旅行に行った話を聞くと、

なぜ、私の家だけ貧乏なんだろうと思うことが日々ありました。

両親と話す時間もなく、中学時代は不登校になりかけたり、

高校時代まで反抗期が続いたりしていました。

 

そんな、家庭環境だったからこそ、自立心が強くなり、

何事もめげずに頑張ってこれたのだと思います。

貧乏生活だったからこそ、お金の大切さを

幼いころから学ぶことができたのだと思います。

 

大学に入学して、一人暮らしを始めてから

一番感じたことは

「親の大切さと感謝の気持ち」でした。

大学入学する前に、母が引っ越しの手伝いのため

長崎に来ました。母が宮崎に帰る当日。

いつものようにご飯を食べて、いつものように話をして、

バス乗り場まで見送りにいき、母の姿が見えなくなったと同時に

涙があふれ出てきました。

人の目を気にせず私は泣いていました。

 

実家にいれば、座っているだけでご飯がでてくる

実家に帰れば、必ず話し相手がいる。

母が帰った後、アパートに帰ってもご飯はなく、

ひとりぼっち…

その時に、親や家族の存在を改めて感じることができました。

今は、大学に行って良かったと思います。

なぜならば、一人暮らしをしなければ、

「親の大切さと感謝の気持ち」を知ることができなかったからです。

 

「私が、お金持ちになって、両親を幸せにする」

大学時代に決めた将来の夢を

ひとつずつ実行していこうと計画中です。

 

まずは、先日、初任給で両親に財布を買いました。↓



両親に似合う財布を見つけるのに、

すごく時間がかかりましたが、

納得のいくものを選ぶことができました。

とても喜んでくれたので、

プレゼントして良かったな♪と思いました。

これから、少しずつ親孝行をしていこうと思います。

 

※今度の目標は、家族旅行に連れて行くことです!!

 

まだまだ、力不足の私ですが、

これから宜しくお願いいたします!

 

売れるネット広告社

SaaS開発部

中尾侑里香

 

 

 

関連記事

PAGE TOPへ