• 東京:03-6459-0562
  • 福岡:092-834-5520

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

ggrks(ググれカス)は正義!?(浅田風帆)

2017.03.30

ノウハウ

浅田 風帆

 

 

こんにちは!売れるネット広告社インターン生の浅田 風帆(あさだ かざほ)です。

前回に引き続き2度目の投稿です。

 

自己紹介は前回記事を読んでいただけると泣いて喜びます↓

本当にすごい!!すごい会議に参加!!

 

桜が咲き始めましたね。

一眼レフカメラで写真を撮ることが趣味なので、

はやく撮りに行きたくてうずうずしています。

IMG_2342

 

今回は少し乱暴な印象を持つ言葉である

ggrks”について書こうと思います。

 

わからないことがあるとすぐ

「これってなんですか??」「これどうやるんですか?」「これどうしたらいいですか?」

って聞く人いますよね。

 

そうです、私です。

 

ダウンロード

 

私の持論としては、

「わからないことを考えたって時間の無駄だから、わかる人にさっさと聞くべき」

「わかる人はきっとどこで私が躓いているかわかるはず」

「さっさと聞くのが結局一番効率がいい」

という考えでした。

 

しかし、インターンを始めてからわからないところを質問に行くと、

『ネットで検索してみた?』といわれ、目から鱗。

 

ググる?目の前に答えを知っている人がいるのに?

※もちろんggrksという言葉を投げかけられたわけではありません

 

最初はそう思いました。

 

しかし、よく考えてみると

私が人に聞く=その人の時間を頂いている

ということです。

 

例えば、あなたが上司にわからないことをすぐに質問するとすると、

➀上司に状況を説明し、把握してもらう時間

➁上司が改善策を提示したり説明したりする時間

➂あなたが改善策を実行する時間

×2人分(上司とあなた)の時間が必要です。

 

20160801154030

 

上司の方も自分の仕事があるのに、

その手を止めてあなたの助けをしてくれるわけです。

しかも、最初の状況説明であなたが知りたい情報は何で、

どこまでわかっているのを一から説明しなければなりません。

 

 

このひとはどこで困っているのか?この方法は試したのか?

考えられうる改善策がいくつかある場合、

どこまでを試してどこを試してないのか?

もしネットで解決策が検索してでてくる内容を聞いていたら、

お互い時間を無駄にしてしまうのです。

 

 

人に聞く前にあらかじめ自分で検索してみると、

まず➀あなたの上司に状況を理解してもらう時間が節約できます。

 

 

自分でどんな情報が欲しいのかわかって検索をするのですから。

 

 

言葉の意味が分からないのであれば“〇〇 とは”で検索すればいいし、

それに関する問題が知りたいのであれば“〇〇 問題 概要”等で検索すればいいですよね。

 

 

kensaku4_L

 

これを上司に「〇〇について教えてください」など言おうものなら、

上司の方もその言葉の定義なのか、それを取り巻く問題なのか、

自社の中での位置づけを知りたいのかわからず、

その状況を把握してもらうのにまず時間がかかってしまいます。

 

 

 

そして➁の上司が説明する時間ですが、

もし客観的な事実だけを知りたいのであれば、

たいていネット上に誰かがわかりやすく、

時には図解付きで説明をつけてくれています。

 

 

また、初心者向けからその業界の人向けの少し深い話まで、

色んな深度で載っていることが多いので、

自分の目的に合わせて情報を精査することができます。

 

 

 

以上のことから、人に聞くのであれば、

調べればわかる程度のことは自分で調べたうえで

質問した方がお互いのためになることがわかります。

 

 

もちろん、あなたの上司や、担当の人しかわからないところもあります。

 

 

その点はその人に確認すべきです。

なんでもかんでも自分で解決しろ甘えるな!というわけではありません。

 

 

注意すべきは、質問するときは

「自分はこういう情報が欲しくて、ここまでは調べてわかっています」

ということを明確に伝える、ということです。

 

 

ツイッターでggrks

という言葉がネタとして使われている場面をよく見かけていましたが、

意外と正義なのかもしれません。

 

ggrks

 

 

以上私が学んだことは、

 

★自分が疑問に思ったことは、たいてい誰かが疑問に思ってネット上で質問している

 

★相手に話すときは相手の時間をいただいている

 

★自分の状況把握の質問を相手にさせない

→相手に聞くときは最低限、

「このことに関して知りたい情報はこうで、ここまではわかっているので、この点について教えて下さい」

という風にどこで困っているかをはっきり伝える。

 

 

ということです。

IMG_36252

 

ここまで読んでくださりありがとうございました!

 
--------------------------------------------------------------------------------

売れるネット広告社 インターン生

浅田 風帆

--------------------------------------------------------------------------------

 

 

 

★限定10社 無料コンサルティングのお申込みはこちらまで★

 

 

 

関連記事

PAGE TOPへ