• 東京:03-6459-0562
  • 福岡:092-834-5520

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

『孫子の兵法』から学ぶ、ビジネスで役立つ名言3選!(山崎大樹)

2016.12.06

ノウハウ

山崎 大樹

 

皆さんこんにちは。
売れるネット広告社の山崎です。

 

IMG_3669

 

写真は今年の9月にネット広告企業で働いている同期の方をお招きし
ネット広告飲みなるものを主催した時の1枚です。

 

せっかく東京に来ているので横の繋がりも増えていけばいいなと思っております!

 

 
----------------------------------------------------------------

 

 

 

もう今年も12月ですね!2016年度もあっという間でした。

 

今年は13個ものLIVEや音楽フェスに参戦しました!!
一番思い出に残っているのは9月に見た「D.A.N.」というバンドのLIVEです。
初めて生で見ましたが、かっこよかった。。

 

来年も音楽まみれな1年であればいいなと思いつつブログを書いております。

 

さて、今回のブログでは上記と全く関係の無い
『三国志』の中に出てくる『孫子の兵法』という書物についてお話したいと思います。

 

大学時代から好んで『三国志』(三国志演義)を読んでいたのですが、
社会人になると、ビジネス的観点で三国志の世界を解釈するようになりました。
三国志には実はビジネスに繋がる名言が多いです。

 

今回は中でもお気に入りの本、
戦いにおける戦術書である『孫子の兵法』について紹介します。

 

 

 

『孫子の兵法』とは?

 

皆さん名前くらいは聞いた事があるかとは思いますが、孫氏は人ではなく書物の名前です。
中国の春秋戦国時代(大人気漫画『キングダム』の時代)や
三国時代(三国志の時代)に名だたる武将がこれを読んでいたとされています。

 

現代でも、あのビルゲイツや松下幸之助も呼んでいた事でも有名です。

 

今回はその中に記されている名言をいくつか紹介したいと思います。
きっと、今後のビジネスで役に立つ言葉があるはずです!

 

 

 

①善く戦うものは人を致して人に致されず

 

訳:戦上手の戦い方は、相手の作戦行動に乗らず、こちらの作戦行動に乗せる

 

戦い(=営業)において、主導権は自分で握っていけと言う意味です。

 

営業のアポの時間に遅れて、謝罪からの商談となると
気負いして(=相手にペースを掴まれ)いつもの発言が出来なくなってしまいそうですよね。

 

商談の場所、天気等の外部要因にも起因していきますが
外部の要因も含めて、自分で主導権を握れる営業マンが恐らく成功しているのだなと思います。

 

 

 

 

②百戦百勝は善の善なる者にあらざるなり。

戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり

 

訳:百回戦って、百回勝ってもそれは最善ではない。最も良い方法は戦わずして勝つ事である

 

 

営業でバンバン契約を取れるようになるってすごい事だと思います。
(実際に私もなりたいです。。)

 

しかし、バンバン契約が取れても費用対効果が合わない案件だったり
利益に繋がらないのであれば、あまり良くはありません。

 

一番は、戦わずして勝つ事と言っていますが
ビジネスの場で「戦わずして勝つ」事は恐らく「紹介」ですよね!
日頃から人間関係を良好にしておく事が大事だと思います。

 

 

 

 

③「彼を知り己を知れば、百戦して危うからず」

 

訳:戦いの際、まずは相手の事を知る前に自分の事を分かっておけば負ける事は無い

 

この言葉は『孫子の兵法』で一番有名な言葉だと思います。

 

営業やプレゼンの場に置き換えると、競合の分析が出来たところで
自社の立ち位置や優位性が分かっていなければ勝つことは出来ない。

 

逆に自社の立ち位置と競合分析が出来ていれば、
引き際も分かるので無理に戦う事はなくなると思います。

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

この書物全般に言えることですが、ただ勝ちにいく為の方法ではなく、
「どうすれば上手く(ダメージを受けず)勝つことが出来るか」
「勝つのではなく、負けない方法」等を
多く記しているところにも注目して見てみると面白いと思います。

 

ちなみに、僕の好きな武将は蜀の魏延です。
蜀は諸葛亮や姜維みたいな頭のキレるタイプか
馬超・張飛みたいな武力もあり、忠誠心の強い武将が多いのですが
魏延だけ反骨精神が強く、諸葛亮の延命の儀式に乱入して
儀式を中断(=延命できなかった)させるような空気を気にしない感じが好きです。笑

 

今回紹介した『孫子の兵法』ですが、
捉え方を変えてみると、恋愛の場面でも使えそうな気がします。
まさに万能書と呼ぶにふさわしいですね!
私も『孫子の兵法』を読んで諸々頑張りたいと思います!

 

御一読いただきありがとうございました!

 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

株式会社売れるネット広告社
メディア部 メディアプランナー
山崎大樹

 ★ネット広告で“100%確実”に売上げがアップする“最強の売れるノウハウ”無料セミナー申込み★


 

関連記事

PAGE TOPへ