• 東京:03-6459-0562
  • 福岡:092-834-5520

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

イチローから学ぶ“仕事”の極意(前川 剛)

2016.09.05

ノウハウ

前川 剛

 
12791088_1003874569705345_2881811191013081736_n

 
皆さん、こんにちは。
売れるネット広告社 前川 剛です。

 
前回のブログでは、
「アメリカで感じた“2つ”の圧倒的な差」というタイトルで、
社長に連れていっていただいた
アメリカで自分が感じたことを綴らせてもらいました。

 
 

今回のブログでは、そのアメリカで活躍する
日本人メジャーリーガー、イチロ―選手の発言から
「仕事」の流儀に関して語っている
児玉光雄さん著の「イチロー流、準備の極意」の内容から
私の好きな言葉を抜粋して、一部を共有させていただきます。

 
 

 
 
学生時代、野球に打ち込んだ僕ですが、
当時は、イチロ―選手に興味はなく、
「すごいなー」ぐらいの感覚で見ていました。
(お恥ずかしい限りです。。)

 

しかし、仕事を初めて3年目の24歳の
今の私は、イチロー選手にゾッコンです。
それでは早速、内容に入ります。
今回ご紹介するイチロー選手の言葉は“3つ”です。

 

 
まずはこちらから。

 
 
「努力をすれば、報われると思っているとしたら残念。
 第三者が見ていると努力に見えるが、
 本人にとってはそうではない、という状態にならなくてはならない」

 
現在、マスメディアでは成果主義という言葉が躍っています。

 
ただ、今の日本の社会はまだまだ成果主義には遠く、
“頑張り主義”という表現の方が合っています。
成果は上がらなくとも、頑張る姿を見せていれば、
ある程度認めてもらえるのが現状の日本の社会です。

 

ただ、頑張ることはそんなにも尊いのでしょうか。

 

私の考えでは、いくら努力しても仕事の成果が上がらないのであれば
その努力は間違っています。頑張る、努力することは当たり前であり
本人があえて口に出して言うことではない、そんな意識が
脳裏から消えた時、仕事への取り組み方が本物になるではないのでしょうか。

 

 

続いてはこちら。

 

 
「人間という動物は、変な知恵があるから
 色んなものを生み出す代わりに自分たちの可能性を縮めているように見える。」

 
昨今、転職ブームです。

 

メディアは、より良い仕事への転職の魅力を、
これでもか、これでもかとばかりに煽り立てます。

 

ただ、私の考えでは、
自分の望みに100%合致する条件を提示してくれる会社は存在しません。

 

目の前に仕事があることに感謝して、それを脇目も振らず
行う時間を積み重ねる。それこそ、他の誰にも置き換えのできない
あなただけの“技”を見つける術ではないでしょうか。

 
 

最後はこちら。

 

 

「ハイレベルのスピードでプレイするためには、僕は絶えず、
 体と心の準備はしています。自分にとっていちばん、
 大切なことは、試合前に完璧な準備をすることです。」


 

完璧な準備をする。

 
仕事をする上で、イチロー選手のこの心構えを
私たちは見習う必要があります。

 

なぜ、彼はヒットか凡打かで一喜一憂しないのでしょうか。それは、
「これだけ完璧な準備をしたんだから、どんな結果に終わろうとも後悔しない。」
という覚悟があるからである。

 

いかにして、本番までの準備を完璧にすることに命を懸けているか。
そのことの大切さをイチロー選手は私たちに教えてくれています。

 

 
以上です。

 
これらの言葉を、普段の自分に問いかけてみると、
本当にできていないことばかりで、はっとします。

 
ただ、イチロー選手を同じ時代に生きている
我々サラリーマンも、彼の言葉を自分の仕事に置き換えて、
そこから学べることは無数にあると私は確信しています。

 

今回も駄文失礼しました。
最後まで読んでいただいた方、本当にありがとうございます。
 
 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 
売れるネット広告社
東京オフィス  コンサルティング部主任
前川 剛

★ネット広告で“100%確実”に売上げがアップする“最強の売れるノウハウ”無料セミナー申込み★

 

関連記事

PAGE TOPへ