• 東京:03-6459-0562
  • 福岡:092-834-5520

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

自己紹介スキルをアップさせたい方必見!他者紹介スキルとは?(村上華子)

2016.03.04

ノウハウ

村上 華子

12705589_10209556533896503_1249005955651221678_n 
 
2016年初のブログを投稿します。
売れるネット広告社の村上です。
年が明けてあっという間に2ヶ月が経ちましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
私の近況報告をいたしますと、
今年1月からコンサル部から営業部へ異動となりました!
※写真は先日行われたイーコマースEXPOに出展したときのものです。(大盛況でした!)
 
去年までは弊社東京オフィスの"主"と言われるほど
朝から晩までデスクに張り付いて
クライアントのキャンペーン成功のため、
費用対効果をひたすら集計・レポート作成をする日々でしたが、
今では毎日のようにお客様とお会いして、
問題・課題の解決のためのご提案をしています。
 
 
さて、今回のブログでは【他者紹介スキル】というテーマでお話をさせていただきます。
 
 
最近お客様とお会いする機会が多いのですが、
初対面の方に対して、まず第一に大事なことは自己紹介。
 
 
"どうすれば自己紹介スキルがアップするだろうか"と
諸々調べてみたところ、
【他者紹介】のスキルを向上することが
自己紹介の最適化にとても有効であるとのことが多数挙げられていました。
 
"お客様とお会いする機会が多い方"
"自己紹介を最適化していきたいと思う方"
 
是非とも最後までお付き合いくださいませ。
 
 
==========
 
◆【他者紹介】とは…
 
言葉の通り、【自分以外の他者を、第三者へ紹介する】ということです。
字面だけ見ると一見簡単そうに見えますが、
相手のことをしっかり観察しなければならないため、
実は結構難しいことだと思います。
 
 
"どうすれば第三者へ自分以外の他者を上手く紹介できるだろうか"
 
 
この視点を持つと、相手のことをしっかり観察しますし、
その客観的観点が必ず自己紹介スキルにも活かせるとのこと。
あぁ、なるほどなぁ!と頷きながら
他者紹介に関するサイトや記事を拝読しておりました。
 
自己紹介の際、十分に自分のことを伝えられる人は多くありません。
過小に伝えたり、誇張したりしてしまいがちです。
 
自己紹介スキルをアップさせるための一助となるのが【他者紹介】です。
 
ある人を第三者に紹介することを前提にすれば、
観察眼が鍛えられ、傾聴する意識も芽生えてきます。
あわせて自分自身のことを客観的に知るきっかけにもなります。
 
皆様も、身近な人を第三者へ紹介することを仮定し、
他者紹介スキルをアップさせてみてはいかがでしょうか。
 
 
==========
 
◆実践してみたらこんないい事ありました
 
他者紹介の観点を磨くと良いという記事を拝見してから、
お客様と会うときには
 
"このお客様を誰かに紹介する時はなんて言えばいいかなぁ"
 
といった視点で観察してみることにしました。
 
まだ実施期間としては現状およそ2週間ほどですが、
それでもやってよかったと思っています。
 
 
他者紹介の観点を持ってお客様と接していくうちに
こんないいことがありました!
 
 
【①お客様の顔と名前を"忘れなくなった"】
 
1日に何件もアポがある方は特にそうだと思いますが、
 
"デスクの上に並ぶ名刺からお客様の顔を思い出せない"
 
といった経験ある方、割と多いのではないでしょうか。
※大変失礼な事ではありますが…
 
 
私は元々、人の名前と顔を覚えるのがすごく苦手です。
ですが、他者紹介の観点を持って、相手をしっかり観察することで、
大量に並ぶ名刺を目の当たりにしても
 
 
"そういえばこんな話したなー"
"良く笑う方で話しやすい方だったな"
 
 
など、かなり印象に残るようになり、お客様の顔や名前を忘れにくくなりました。
 
 
自己紹介スキルアップとして始めたものではありますが
これはかなり大きな収穫でした!
 
 
【②自己紹介の際に、"緊張しなくなった"】
 
自分のことを良く伝えようとすればするほど
自分にだけに目が行きがちで、視野が狭くなっていく気がします。
 
 
"他人と比べて自分がどうなのか"
 
自己紹介って結局のところこれが説明できればよいと思うのです。
 
 
他者紹介の観点で人間観察をすると、
 
"自分とここが違う"
"自分にはないこんな良いところがあって羨ましいなー"
 
など、自分にないものが見えてくるようになります。
 
 
それはすなわち、
 
"自分しか持っていないもの"を見つける作業にも繋がっていきます。
 
 
自己紹介とは
 
"私はこんな人間です!"
 
を主張するというよりも、
 
"私は人と比べてこういう側面があります"
 
といった内容を伝える方がきっと印象に残りやすいはずです。

 
 
自分の良さを必死に売り込まなきゃという考え方から
上記のようなスタイルに変えることで、
自己紹介であまり緊張することが無くなりましたし、
落ち着いて話せるようになったような気がします。
 
 
==========
 
◆最後に:お客様との話し方・提案の仕方の最適化
 
他者紹介の観点、いかがでしたでしょうか。
誰にでも出来る簡単なことですので、
是非ともお試しくださいね!
 
営業ウーマンとなって2ヶ月。
当初はアポをたくさんこなしていくだけで正直精一杯でしたが、
最近はお客様と話していると楽しいですし、
商品に対する愛情やキャンペーンを成功させたいという情熱など伺った日には
"このお客様のために私にできることは何だろうか"
"こういう提案がしたいから資料作ってみよう"
など、少しずつ自分から動けるようになってきた気がします。
 
経験不足な私がまずはやるべきこと。
それは"お客様の信頼を得ること"です。
 
そのためにお客様との話し方や提案の仕方を
常に最適化していきたいと思っています。
 
 
今期、私の第一主軸・目標は
 
 
"クライアント貢献"
 
 
です。
 
 
お客様が今、何を話しているのか、私は何をすべきなのか
日々、しっかり向き合っていきたいと思いますし、
逸早く一流の営業ウーマンとなり、
"村上指名"でのお仕事をたくさん増やしていくんだと
自分に活を入れつつ、ブログの結びといたします。
 
 
桜が咲きそうな季節を迎えております。
東京オフィスから見る芝公園の桜はきっと綺麗だろうなぁと思うので、
春先、どうぞお気軽に売れるネット広告社に遊びにいらしてくださいね。
 
 
売れるネット広告社
営業部
村上華子



 
 
 

関連記事

PAGE TOPへ