• 東京:03-6459-0562
  • 福岡:092-834-5520

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

99%の人と違う、1%の存在になるために(指山和樹)

2015.04.07

自己紹介

指山 和樹



 

はじめまして!

『売れるネット広告社』新卒2期生 指山和樹です。

 

2015年4月に入社したばかりの新入社員ですが、

「新卒2期生」として最初のブログを担当させていただきます。

 

初ブログである今回は、【自己紹介】【入社理由】についてお話しします。

2~3分程度で読める記事ですので、どうかお付き合いください。

 

--

【自己紹介】

 

指山 和樹(さしやま かずき)

西南学院大学/商学部/経営学科 卒業。

1992年4月10日生(22歳)。

 

軽音楽部に所属。ギターを担当。

好きなジャンルは、HR/HM(ハードロック/ヘヴィメタル)。

最も好きなバンドは、Ozzy Osbourne。

 

大学時代は、ほぼ全ての時間を「軽音楽部」に注ぎ込んできました。

 



 

一般的な音楽サークルでは、希望した全員がライブに出ることがほとんどですが、

西南学院大学の軽音楽部には、ライブ出演は審査に合格した上位層のみという

「完全実力主義」の制度がありました。

 

年に4回しか行われないライブに、毎回30組以上がエントリーし、

そのわずか半数しか、実際にライブに出ることはできません。

 

この音楽に関して“絶対に妥協しない”シビアな制度により、

海外で開催される国際ロックフェスティバルで主題歌に選ばれるバンドを輩出するなど、

国内でも有数の実力派と言われてきました。

 

私自身、この「完全実力主義」の厳しい制度があったからこそ、

本当に真剣に音楽と向き合うことができました。

 

私は入部当初、ギター歴半年とほぼ初心者同然であったこともあり、

ライブに出演できない期間が8ヶ月以上続きました。

 

「何のために軽音楽部に入ったのだろう?」と悩んだ日もありました。

楽器歴の長い同期が、次々とライブに出て行く姿を見て、

悔しさのあまり一人涙を流したこともありました。

 

しかし、「絶対にライブに出たい!」「いい順位を獲得したい!」という思いで、

寝る間も惜しんで、必死に努力し続けた結果、冬季定期演奏会において、

1年生として過去最高の2位という高順位を獲得することができました。

 

その後も、春季定期演奏会1位、学祭Super Live 3位など、

最も激戦区と言われる定演においても、多数入賞するまでに成長しました。

 

特に、現役最後のライブで大好きなOzzy Osbourneを演奏した際に、

先輩・同期・後輩はもちろん、私を知らない一般の方までもが涙を流している姿を

一望できたあのステージからの眺めは、今でも忘れられません。

 

「自分の演奏で、こんなにもの人の心を動かせたんだ!」と実感できた瞬間でした。

 

そして、これだけ本気で取り組んできたからこそ、

毎日が最高に楽しく充実していました。

 

また、私が『売れるネット広告社』を志望したのも、

常に上を目指し続けた軽音楽部での経験があったからだと思います。

 

これまでの人生で“最も幸せな4年間”をともに過ごした友人たちには、

心から感謝しています。(必ず恩返しをします。)

 



 

--

【入社理由】

 

99%の同期と違う「圧倒的な実力」を身に付けることができるためです。

 

私には、「自分自身の限界を知る」という人生の目標があります。

 

「自分はいったい何を成し遂げることのできるのか」という答えにたどり着くためには、

圧倒的な実力を身につける必要があります。

 

そして、それほど成長するためには、「周囲のレベルが高い環境」にいることが

非常に重要だと考えていました。

(実際に、私が軽音楽部で成長できたのも、優秀な先輩・同期が間近にいたためです。)

 

そんな中、「面白そうな会社だな~」と軽い気持ちで参加した説明会で衝撃を受けました。

『売れるネット広告社』には、自分の理想としていたものが“全て“揃っていたのです。

 

・業界屈指の”超“優秀な社員

・個人の実力で評価される環境

・数字にもとづいた再現性のあるロジック

・社長の圧倒的なプレゼン力 etc…

 

そして、これだけの条件が揃った会社に、

「新卒2期生」として入れる機会は、まず他にない。

 

「この会社に入らなければ、きっと一生後悔する!」

心の底からそう思ったため、『売れるネット広告社』への入社を決意いたしました。

 

今後は、自分の「頭」だけで、どこまでも上を目指せるこの業界で、

「どれだけ社会に影響を与えられる人間なのか」を知るためにも、

圧倒的な“知識”をつけ、非常識なまでに“行動” し続けます!

 

--

 

最後までブログを読んでくださり、ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

※今回ブログを担当した私(指山)がとても喜びますので、

「いいね!」「ツイート」をポチッと押していただけますと幸いです♪

 

売れるネット広告社

コンサルティング部

指山和樹

 

 

 

関連記事

PAGE TOPへ