• 東京:03-6459-0562
  • 福岡:092-834-5520

CONTACT

MENU

CLOSE

BLOGスタッフブログ

SHARE

【必見!】就職活動の時に気を付けるべき2つのこと。

2014.12.16

ノウハウ

前川 剛



皆さん、こんにちは。

 

売れるネット広告社の前川 剛です。

いよいよ3回目のブログが回ってまいりました。

 

今回は、「明日の為の8カ条」シリーズは一旦お休み致します。

(親父に、「あれ、 辞めろ」と一蹴されましたので・・)

 

そこで今回は、就職活動シーズンという事もあり、

“就職活動の時に気を付けるべき2つのこと。”

というテーマで、ブログを書きたいと思っております。

(若干、まとめサイトっぽいタイトルですが、ご了承下さい。)

 

いやいや、お主ごときに“就職活動”の何がわかるんだ、とおっしゃる方。

 

その通りです。

 

正直、よくわかんないです。

だけど、前川なりの“独断と偏見”で、思い切って書いてみます。

 

現在、就職活動しているぞという方、してないぞという方、

是非、最後まで読んでいただければ幸いです。

 

では、早速参ります。

 

“就職活動の時に気を付けるべき2つのこと。”

 

①“とりあえず”を無くす。

就職活動が始める時、みなさんはまず何をしますか?

 

「とりあえず、四季報買って、行きたい企業探します!」

「とりあえず、マニュアル本読みまくります!」

「とりあえず、会社説明会いきまくります!」

「とりあえず、エントリーシート書きまくります!」

「とりあえず、生で」

 

こういう人が大多数だと思います。

(ちょうど2年前、部活を引退した時の前川もそうでした。)

 

何となく安心するから、“とりあえず”何かやってみる。

周りがやっているから、“とりあえず”やってみよう。

 

これは、大間違いです。

 

重要なので、再度言います。

 

これは、大間違いです。

 

まず、そもそも就職活動なんて、選択肢の一つでしかないのです。

 

自分がこれから

“どう生きていきたいか”

もっというと

“人生をどういう風に終わらせたいのか”

というところまで考える必要があります。

 

その為の選択肢として、“就職活動”があって、

そのほかにも、“農業をする”“歌手になる”“旅に出る”

など、様々な生きていくための選択肢があります。

 

一言でいうと、“就職活動” を俯瞰で見る必要があるという事です。

 

そこで、まず就職活動を始める際にやるべきことは、

“徹底的に自分を見つめなおすこと” です。

 

約20年間付き合ってきた“自分”という人間が

 

・どんな人物なのか

・どんな性格なのか

・どんな経験があるのか

・周りに、どんな印象を持たれているのか

 

などなど

徹底的に、見つめなおすことが重要です。

 

中でも

・これからどんな人生を歩んでいきたいのか

そこが一番重要です。

そして、そこで出た結論に関して、「なぜ?」「なぜ?」

と掘り下げていくのです。

 

例えば、前川の場合、

 

「ジャーナリストになりたい」

↓なぜ?

「世界中の色んな所に行って、色んな世界を知りたいから」

↓なぜ?

「そうすれば、自分なりのスキルがついて世に必要とされる存在になれるから」

↓なぜ?

「自分の名前で仕事ができる人になりたいから」

↓なぜ?

「“自分自身”はもちろん、“家族”を守れる人になりたいから」

 

といったように、「なぜ?」と掘り下げていくと、

自分の人生の軸=就職活動の軸が見つかるのです。

 

今就職活動をしている皆さん、是非自分の目標に対して

「なぜ?」と問いかけてみて下さい。

そして、“とりあえず”な行動を無くしてください。

 

するとあなたの人生の軸が見えてくるはずです。

 

 

 

 

➁“色”を出す。

 

これは、就職活動で勝ち抜くために、最も重要なことです。

“色”を出すとは、つまりは“目立つ”という事です。

とはいっても、全身タイツで面接会場に行っても、それは秒で不採用です。

 

では、どういう風に目立てばいいのか。

答えは簡単です。

 

その他大勢の人と、“ちょっと”違う事をすればいいのです。

 



 

この写真は極端な例ですが、多くの人はこの写真を見て

「なんでこの人はこんな格好をしているんだろう?」

と思うわけです。

 

つまりは、誰も他のランナーは見えていないのです。

“目立つ”とはこういう事です。

 

例えば、

 

・会社説明会で、一番前に座って、必ず一番最初に質問をする

・会社の代表番号に直接電話して、OB訪問のお願いをする (断られますが・・)

・リクルートスーツを着ない

・面接官に恋愛相談をする

・面接中にやたらと膝をさする

 

などなど、いくらでも方法はあります。

もちろん、受ける会社によって“目立つ”方法は変えた方がいいです。

 

とにかく、採用する側の立場になって考えてみる事です。

 

会社によっては、面接を1日100人以上の学生とするところもあります。

 

マニュアル通りの返答をする人、マニュアル通りの質問をしてくる人よりも

自分なりの返答、質問をする人の方が、印象に残りやすいのです。

 

何百人、何千人を相手にする就職活動だからこそ、

自分なりの“色を出す”事は、最も重要です。

 

皆さんも自分なりの“色”を探してみて下さい。

 

とまぁ、偉そうに書いていますが、

私自身、最近人生の軸もブレブレで、色も出せておりません。

 

しかし、常に自分自身に「なぜ?」と問いかけながら、自分なりの色を探し続けていきます!

 

 

ちなみに、売れるネット広告社は

今年も“新卒採用募集”をしております。

 

売れるネット広告社 代表取締役社長の加藤が

“就職活動に役立つ情報”などをお話しするので

学生の方は是非!必聴です!

 

売れるネット広告社 新卒採用サイト

 

 

 


ここで、明日の為の8カ条の代わりに

新たなシリーズを考えました。

 


その名も、

 

★【前川剛の“これだけは見て欲しいオススメ映画”】★

 

私、前川剛、無類の映画好きでして、

何があっても週に映画を1本見ています。

そんな私のおすすめの映画をご紹介させて頂ければと思います。

 

記念すべき、最初の作品はこちら。

 



 

「the TRUMAN show」

 

先週お客様にすすめていただいた作品で、

実は、一昨日見たばかりです。

 

【あらすじ】

離島のシーヘブンで、保険会社のセールスマンとして

毎日を判を押したように過ごすトゥルーマン・バーバンク(ジム・キャリー)は、

「おはよう!そして会えない時のために、こんにちはとこんばんは!」

が口癖の明るい青年である。

彼は生まれてから1度も島から出たことがなかった。

それは、父と一緒に海でボートを漕いでいた時に

「嵐が来るぞ」という父の警告を無視して船を進め、

嵐を回避できず海に投げ出された父を亡くしてしまい、

水恐怖症を患ってしまったためであった。

ある日、いつものようにキヨスクで新聞を買ったあと、

雑踏の中ひとり佇むホームレスの老人とすれ違った。

それは幼い頃、海に沈み亡くなったはずの父親だった。

しかし、その老人は間も無く何者かに連れ去られてしまう。

彼は自分の周囲を不審に感じ始める・・・

 

【前川の一言】

もし自分の人生がこうだったたらどうしよう、と考えてしまう映画です。

ジムキャリーの演技が陽気で、どこか不気味で、深いです。

どちららかというと、ホラー映画に近いのかも。

少しでも気になった方は、お近くのレンタルビデオ店までダッシュです。

 

最後までお読み頂き、本当にありがとうございます。

駄文失礼しました。

 

売れるネット広告社

東京オフィス SaaS営業部

前川 剛

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOPへ