売れるネット広告社

お知らせ

『売れるネット広告社』が 九州のデジタルマーケティング企業売上ランキング1位になりました!

2020.10.09

このたび、『売れるネット広告社』が、九州のデジタルマーケティング企業売上ランキング1位になりました。
なお、本ランキングはデジタルマーケティング(ネット広告・web制作等)を支援している専業企業のうち、九州に本社をもつ企業を対象として算出したものです。

九州には全国的に知られた通販(D2C)会社が多数存在し、新たな企業の参入も続いています。通販(D2C)市場の成長に伴いこの10年でデジタルマーケティング企業も増えてきました。昨今の「ネット通販(D2C)」への需要の高まりは、デジタルマーケティング企業の競争をますます激化させていくと考えられます。『売れるネット広告社』は引き続き『売れる広告』にこだわり、すべてのクライアントを成功に導いていきます。

■代表取締役社長 CEO 加藤公一レオのコメント

九州に本社を置くデジタルマーケティング企業で売上ランキング1位を取ることができ、大変嬉しく思います。

私が福岡にやってきたのは2003年。今でこそ独立系のデジタルマーケティング企業がどんどん誕生している九州ですが、当時ADKの社員として「やずや」さんのネット通販(D2C)を担当し始めた頃、ネット広告代理店やメディアレップは1社もありませんでした。その後、通販(D2C)王国九州でネット広告を盛り上げたいという想いから、2009年に「九州インターネット広告協会」を立ち上げ、2013年には当時日本では東京以外で初の開催となるアドテックを誘致するなど、10年以上にわたり九州からデジタルマーケティングの発展に貢献してきました。長年デジタルマーケティングに従事してきた私にとって、大手の支社ではなく九州発祥の会社としてランキング1位になれたことはとても光栄なことです。

「ネット通販(D2C)」の急成長により、今後デジタルマーケティングがますます重要になっていくことは間違いありません。『売れるネット広告社は』引き続き九州から日本国内、さらには世界を見据えてデジタルマーケティング業界を盛り上げていきます。

■『売れるネット広告社』の市場特異性

『売れるネット広告社』は、「ネット通販(D2C)」×「ネット広告」という市場に特化して事業を展開しています。インターネットやスマートフォンの普及に伴い、消費者はテレビに代表されるマス領域から、SNSやオンラインメディアに代表されるデジタル領域で多くの時間を過ごすようになりました。2019年の日本のネット通販(D2C)市場規模は19.4兆円となっており、右肩上がりの成長を遂げています。さらに、新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛は、巣ごもり消費を促し、ネット通販(D2C)市場の成長に拍車をかけています。

一方でネット広告市場は6年連続で2桁成長を見せ、2019年には「インターネット広告費」がテレビ広告費を初めて逆転、2兆円を突破しました。この背景にはやはりインターネットとスマートフォンの普及があります。5G時代の到来やスマートフォン普及率上昇により、この成長はさらに加速すると予測されています。

ネット通販(D2C)の広告は『売れる広告(ダイレクト広告)』が主流です。広告主が広告を「投資」として捉え、費用対効果を求める『売れる広告(ダイレクト広告)』は、「売上が上がるかどうか」がすべて。そんな『売れる広告(ダイレクト広告)』において『売れるネット広告社』と一般的な広告代理店との最大の差別化要因は100%『事実ベース』の“最強の売れるノウハウ®”を提供しているという点にあります。“1000回以上”の【A/Bテスト】を繰り返して得られた“最強の売れるノウハウ®” は統計に基づいたネット通販(D2C)の勝利学。1社だけに通用するノウハウではなく、あらゆるクライアントに横展開が可能であるため、“最強の売れるノウハウ®”を用いることで“100%確実”にクライアントを成功に導くことができるのです。『売れるネット広告社』は「仮説ベース」ではなく『事実ベース』の『売れる広告』を追求している点で圧倒的な優位性を持ちます。

■『売れるネット広告社』のビジネスモデル

『売れるネット広告社』には、クラウドサービス『売れるネット広告つくーる』とプレミアムコンサルティングサービス『売れるネット広告こんさる』という2本の大きな事業の柱がありますが、両方ともストック型(サブスクリプション型)です。いずれも年間契約のサービスとなっているため、一度契約に至れば一年間の利用料/コンサルフィーが毎月安定的に入ってきます。コロナ禍においても影響を受けることなく、安定した売上を実現できた要因はここにあります。

 

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛は、消費者の消費行動のネットシフトを加速させました。今や消費者にとって「ネット通販(D2C)」は欠かせない存在になりつつあります。「ネット通販(D2C)」の拡大に伴いネット広告市場、特に『売れる広告(ダイレクト広告)』への需要はますます高まると想定されます。

『売れるネット広告社』は、関わるすべての企業を成功に導き、世界中にたくさんのドラマをともに創っていける新しい仲間を募集しています。少しでも興味を持っていただけたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

⇒売れるネット広告社へのエントリーはこちら